新着記事

2019-07-08
【ウェルなスタイル】15:自家製フルーツビネガーのススメ ~お酢と果物でパワーアップ~
2019-07-01
【ウェルなスタイル】14:「すみません」 より 「ありがとう」 ~コトバでも、カードでも~
2019-06-24
コミュニティナースとつくるこれからの健康とビジネス
2019-06-10
【ウェルなスタイル】13:世界の料理を食べる会 ~食事も会話も最高のごちそう~
2019-06-03
【雲南だより】01:健康なコミュニティを目指して

カテゴリー

テクノロジー まち 千葉大学通信 建築

【千葉大学通信】02: 世界初!?健康になれるショッピングモール ~イオンモール宮崎での取り組み~

テクノロジー まち 千葉大学通信 建築

【千葉大学通信】02: 世界初!?健康になれるショッピングモール ~イオンモール宮崎での取り組み~

5月と9月に計4日間、イオンモール宮崎にて利用者調査を行いました。
イオンモール宮崎はモール内にウォーキングコースを設置、さらに自身の健康へ気づきが得られる3つポイント(ステップウォーキング、クライムウォーキング、バランスウォーキング)を作りました(詳しくはCASE記事
)。
調査は主に、3つのポイントがどのように使われているかを利用者の方にアンケートを通して回答していただくものでした。

 

調査を通じて、日常生活の中では、多くの方が自分の健康に気付く機会が少ないということがわかりました。

例えば普段歩く歩幅は、長期的な健康を考えると大きくした方がよい。さらにバランスウォーキングなどで歩行年齢を知ることは、健康になるための向上心を掻き立てます。参加した方の多くは普段自分の歩幅がいかに狭かったか、歩行バランスを意識していなかったか気づかされ、予想外の結果に驚きを隠せず、笑っている方が多かったです。
また我々の取り組みを面白いと言っていただける機会もあり、今回の調査では、本プロジェクトについてご意見を直接頂けた貴重な場になりました。

 

対象地であるイオンモール宮崎では、家族連れや友人同士で訪れている方を多く目にしました。それは言い換えれば、自分の身近な大切な方たちと来ているということです。
私たちは健康に良いと分かっていても、それを実際に行動に移すことが難しいことが多々あります。しかし、今回スタートしたプログラムは、多くの人が思わずやってみたくなるような仕掛けがたくさん組まれていること、自分の健康について気が付ける機会が多いプログラムになっていることが分かりました。
自分の結果を大切な家族や友人と共有し、お互いに声を掛け合ってショッピングのついでに健康を高め合うことができる場を提供できれば嬉しいと思いました。機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。
写真は、私が歩幅チェックをしている様子です。

 

【Chie Koga】

RELATION関連記事