新着記事

2019-08-13
【ウェルなスタイル】16:野菜をたくさん食べるなら 〜お役立ちアイテムは「鍋」と「瓶」~
2019-07-29
【雲南だより】02:健康の秘訣は「おしゃべり」なんです。
2019-07-22
中山道を歩く ~旧街道を楽しむ2~
2019-07-08
【ウェルなスタイル】15:自家製フルーツビネガーのススメ ~お酢と果物でパワーアップ~
2019-07-01
【ウェルなスタイル】14:「すみません」 より 「ありがとう」 ~コトバでも、カードでも~

カテゴリー

はたらく ライフスタイル 千葉大学通信

【千葉大学通信】07:健築ベルリン支部その3 ~言語から生まれる空間の居心地~

はたらく ライフスタイル 千葉大学通信

【千葉大学通信】07:健築ベルリン支部その3 ~言語から生まれる空間の居心地~

ドイツ人と話しをしていてまず驚くのは、その英語力の高さです。
ヨーロッパの先進国の中でも群を抜いて高い英語力を持っているその英語教育は大変気になるところですが、今回は言語から生まれる空間の居心地について書こうと思います。

 

ドイツ人の英語力がどのくらい高いかというと、普段ドイツ語で話をしている者同士がいきなり英語に切り替え可能なほど高いです。
私は普段日本語で話をしている人といきなり英語で話して、と言われたら果たして話せるだろうかと考えてしまいました。少し恥ずかしいと感じたり、違和感を感じると思います。全員とはいきませんが、それができるドイツ人は日本人にくらべて圧倒的に多いと感じました。もちろん英語の慣れ不慣れに個人差はありますが、みるところほとんど困っていません。

 

写真は、ドイツ人シェアルームに居候していたときにみんなで食べた朝ごはんです。普段ドイツ語で会話しているみんなが私だけのために英語で話してくれ、とても居心地がよい空間でした。これは当たり前なんかではなく、心遣いをしてもらったんだなと感じました。

死に物狂いで英語を勉強しておいてよかったとおもった私ですが、現在はドイツ語を修行中です。それは、言語も文化の一部だと考えると、英語で無理やり生活することにはどこか違和感があり、やはりドイツ語を話すことが礼儀だろうなと思うからです。とは言っても、難しすぎて心が折れそうになるときもあります。
私にとってドイツ語で居心地の良い環境が来る日は果たして来るのでしょうか・・・。乞うご期待!

 

【Chie Koga】

RELATION関連記事