新着記事

2019-04-22
【ウェルなスタイル】09:美術館でココロとカラダの栄養補給 ~休日を丸ごと楽しく~
2019-04-18
【ウェルなスタイル】08:大人は太り過ぎてはいけない ~食事と体重のコントロールでウェルな毎日を過ごそう~
2019-04-15
身体に効く地方の健康食品を探せ! ~島根県エゴマ油編~
2019-04-08
【ウェルなスタイル】07:元気回復バスタイム 〜明日に備えてココロとカラダを労わろう~
2019-04-04
【ウェルなスタイル】06:美味しい箱庭 ~お弁当生活で健康なカラダを~

カテゴリー

ウェルなスタイル ライフスタイル

【ウェルなスタイル】05:素敵な音楽を聴きながら食事を楽しもう! ~心地よい音楽&笑顔があるウェルな習慣~

ウェルなスタイル ライフスタイル

【ウェルなスタイル】05:素敵な音楽を聴きながら食事を楽しもう! ~心地よい音楽&笑顔があるウェルな習慣~

毎日遅くまで仕事をして、帰宅したら何もやる気が起きない。休日も疲れ切っていて、食事もざっと済ませるだけ、という日常になっていませんか?

そこで毎日をちょっと楽しむための、私が実践しているちょっと楽しい過ごし方をお話しします。

 

毎日の家事や食事の準備をしているときに、ラテンミュージックなどの陽気な音楽を大きめの音で流し、リズムに乗りながら作業するようにしています。このとき、笑顔を作ることが大切です。

意識して笑顔を作る(顔の筋肉を動かす)ことで脳が「楽しいことをしている!」と感じ、快楽ホルモンを分泌するそうです。そうなったらこっちのもの。とても楽しくなり、面倒だった仕事もあっという間に終わってしまいます。脳が「楽しい」などの快楽を感じると、ストレスや苦痛を感じにくくなるという報告もあります。

「笑う門には福来る」という諺もあるように、笑顔や笑うといった行為にはストレスを軽減させる効果があるのです。

これは辛いときばかりでなく、楽しいときにも活用できます。私の場合は夕食時です。いつもの夕食時に、クラシックや洋楽などのレストランでかかっているような音楽をかけています。そうすることで、まるでレストランで食事をしているかのような気分になれるのです。その日のメニューにレストラン風のタイトルをつけることも、楽しくなれる手段のひとつです。

 

食事の間だけでも日々の葛藤を忘れ、笑顔で楽しいひと時をすごしてみてはいかがでしょうか。

【yk】

 

≪参考文献≫

・自律神経系に及ぼす自発的笑いの実験的検討 笑いと笑顔が心身の健康に及ぼす影響

RELATION関連記事