新着記事

2019-05-20
【ウェルなスタイル】12:バッグの中身を軽くして身軽な毎日を過ごそう!  ~必要最小限の荷物で身軽になれる習慣~
2019-05-16
【ウェルなスタイル】11:頑張れない時は童心にかえろう! ~万華鏡・積み木・シャボン玉・折り紙の魅力~
2019-05-13
【千葉大学通信】10:「お花見」 ~世界に誇る日本の公共空間の使われ方~
2019-05-07
【ウェルなスタイル】10:踊る愉しみ! ~習い事が教えてくれる最高に贅沢でウェルな暮らし~
2019-04-26
【ウェルなスタイル】09:美術館でココロとカラダの栄養補給 ~休日を丸ごと楽しく~

カテゴリー

はたらく まち 健康

薬膳を食べて、イライラを解消!? ~良い仕事には、良いお食事が必要です~

はたらく まち 健康

薬膳を食べて、イライラを解消!? ~良い仕事には、良いお食事が必要です~

健康な建築づくりである「健築」に関連した仕事で、奈良に出張に行ってきました。午後からの打合せの前に、お昼をいただこうと和風薬膳料理「京小づち」さんに入りました。「京小づち」さんは、和風薬膳料理をいただくことができるお店です。

 

薬膳については全く素人でしたが、食べ終わってから、少しだけ勉強しました。歴史が長いものだけに、非常に奥深いようです。
「薬膳」と検索すると非常に多くのページが表示されますが、中でも養命酒さんのホームページに詳しく解説されています。お時間があれば、是非ともそちらもお読みください。

 

いくつかのランチメニューの中で僕は、「季節の香り野菜と桜海老の寄せ揚げ盆」を注文しました。
ほかにも、「薬膳ならまち弁当」や「烏骨鶏の薬膳雑炊」などのメニューがありました。

食事の前に、まず「甜茶」が出てきました。ほんのり甘いお茶で、お店のメニューによると、アレルギー性鼻炎や花粉症に効果がある、とのことです。
確かにGoogleで「甜茶」と入力すると予測検索の第1位に「花粉症」が出てきます。
「甜茶」にはGODポリフェノールが多く含まれていて、この成分に抗ヒスタミン作用があるらしいです。

しばらく待っていると、いよいよ注文した「季節の香り野菜と桜海老の寄せ揚げ盆」が出てきました。
お店の方によると、ほんのり赤く色づいたご飯は、赤米、もち米、白米をブレンドしたものだそうです。この赤米には、イライラ解消の効能があると説明してくれました。赤米には白米よりも豊富なカルシウムが含まれています。「イライラするのはカルシウムが足りてないから」は日常的にもよく耳にする言葉ですが、カルシウム不足とイライラを直接結び付けるエビデンスはないようです。とはいえ、カルシウムは私たちにとって重要な栄養素であることは間違いありませんので、カルシウムが豊富に含まれる赤米をおいしくいただきました。

僕が一番気に入ったのは「アマゴの甘露煮」でした。このアマゴとは、サツキマスの陸封型のことで、キンギョ・アユと並んで奈良県の「県の魚」に指定されています。とてもやわらかく、そして程よい甘さの甘露煮で、アタマから全部いただけましたので、さらにカルシウムを摂ることができました。

 

健康に良さそうなお食事をおいしくいただけましたし、カルシウムも含めて健康をつくりだすさまざまな成分を摂取できましたので、イライラすることもなく(!?)、午後の打合せも非常に良い感じで進めることができました。

やはり、良い仕事には良い食事ですね!

 

【石川敦雄】

RELATION関連記事