新着記事

2019-05-20
【ウェルなスタイル】12:バッグの中身を軽くして身軽な毎日を過ごそう!  ~必要最小限の荷物で身軽になれる習慣~
2019-05-16
【ウェルなスタイル】11:頑張れない時は童心にかえろう! ~万華鏡・積み木・シャボン玉・折り紙の魅力~
2019-05-13
【千葉大学通信】10:「お花見」 ~世界に誇る日本の公共空間の使われ方~
2019-05-07
【ウェルなスタイル】10:踊る愉しみ! ~習い事が教えてくれる最高に贅沢でウェルな暮らし~
2019-04-26
【ウェルなスタイル】09:美術館でココロとカラダの栄養補給 ~休日を丸ごと楽しく~

カテゴリー

ライフスタイル 健康

冬の奥多摩 御岳山から大岳山を歩く ~ウォーキング実証実験第2回~

ライフスタイル 健康

冬の奥多摩 御岳山から大岳山を歩く ~ウォーキング実証実験第2回~

ウォーキングが健康に良いことは周知の事実だと思います。では、一度のウォーキングがどの程度身体に影響を及ぼすのでしょうか?それを実証したい!という勝手な企画。
前回は箱根駅伝「花の2区」(鶴見~戸塚23.1km)を歩いた結果、「身体的には効果がみられない」という残念な結果でした。

そこで今回はもう少し負荷をかけるため、奥多摩 御岳山(929m)~大岳山(1266m)の初心者トレッキングに挑戦、実証してみることにしました。

 

朝起きて、体組成計で測ったデータは、体重59.5kg・BMI20.0・体脂肪率13.6%・筋肉量48.6kg、基礎代謝1384kcal。

JR御嶽駅からバスでケーブルカーの駅「滝本」まで移動し、ケーブルカーは使わず登り始めます。一気に高低差500m程登り、御岳山の頂上にある武蔵御嶽神社を経由して、いよいよトレッキングコースへ。
急な下りにかなりビビりながら沢まで降りると、そこは苔むす岩と水と冬枯れの木々の世界。凛とした寒さの中で鳥の声しか聞こえないマイナスイオンたっぷりの非日常な世界を進んでいきます。
そんな空間を抜ると、再び大岳山に向けて登り始めます。「滑落注意」という看板にさらに肝を冷やしながら、時には岩に取り付き登っていきます。

そして、もうそこは大岳山の頂上。しかし、ここで心の中で大きな疑問が湧きました。「この急斜面の岩場を無事に下れるのか?どのようにして?」、、、、、
そして「撤退」いたしました。「怪我したら意味がない」という大義名分で自分のチキンハート(下りが怖い!)を隠して。。。

その後、御岳山の頂上まで戻り、帰りはケーブルカーを使って無事下山しました。

タイム4時間30分、約10kmぐらいでしょうか。家に帰り、勇んで体組成計に乗ってみると、、

 

体重59.3kg(▲0.2kg)・BMI20.0(±0)・体脂肪率12.2%(▲1.4%)・筋肉量48.5kg(▲0.1kg)・基礎代謝1410kcal(+26kcal)。

 

体重等は変わらないものの体脂肪率は落ち、基礎代謝も上がりました。自然に親しむことで心も癒されますし、今回も多くのグループで楽しまれている人々を見かけましたが、「つながり」という意味でも健康に結びつくと思います。
トレッキングは「交流」「身体活動」「感性」全てに効くものだと実感しました。

ビビり解消のためにも再びチャレンジしたいと思います!

 

RELATION関連記事