新着記事

2019-07-08
【ウェルなスタイル】15:自家製フルーツビネガーのススメ ~お酢と果物でパワーアップ~
2019-07-01
【ウェルなスタイル】14:「すみません」 より 「ありがとう」 ~コトバでも、カードでも~
2019-06-24
コミュニティナースとつくるこれからの健康とビジネス
2019-06-10
【ウェルなスタイル】13:世界の料理を食べる会 ~食事も会話も最高のごちそう~
2019-06-03
【雲南だより】01:健康なコミュニティを目指して

カテゴリー

はたらく ライフスタイル 健康

(続)筋膜リリースで身体の痛みを改善しよう!

はたらく ライフスタイル 健康

(続)筋膜リリースで身体の痛みを改善しよう!

以前、「ゲイター」という器具を使った「筋膜リリース」について、ご紹介しました。今回はその続編として、オフィスで気軽にできるリリース法についてお話ししたいと思います。

 

「ゲイター」という器具は56センチの長さがありますので、会社のオフィスで使うにはストレッチルームや長椅子などがないとなかなかできません。ましてや仕事をしながらというのも難しいものがあります。
う~、会社でも疲労回復や気分転換のために「筋膜リリース」ができないものか…!
と考えていると、ありました!またもや「秘密兵器」が!

 

写真の小さい道具が「ビースティ・ボール」というもので、これはピンポイントで凝り固まった筋膜にアプローチすることができます。

アマゾンの製品説明によりますと、
以前ご紹介した「ゲイター」は大きな筋肉の周りにある筋膜を刺激するのに対して、
この「ビースティ・ボール」は、小さな筋肉箇所でより深い部分を刺激できるとのこと。
私は、足裏をころころさせながら少し痛いなというところに圧をかけたり、臀部に押し当てたりしています。

確かに、筋膜に深く刺さっていく感覚があって、足裏もお尻も「痛い!」という状況もあります。ただ、息が止まるほどの「痛さ」は良くないとのことなので、そこは調整しながらリリースすると良いと思います。
また、仕事中に猫背で固まってしまった胸の筋膜やパソコンのキーボードを打つのに酷使している手首から肘にかけて押し当てると、それはもう非常に気持ち良いです。

 

家でも会社でも「筋膜リリース」をして、動きやすい疲れない身体を目指すとともに、気分もリフレッシュしたいと思います!

 

ぜひ、一度お試しください。

RELATION関連記事