新着記事

2019-06-10
【ウェルなスタイル】13:世界の料理を食べる会 ~食事も会話も最高のごちそう~
2019-06-03
【雲南だより】01:健康なコミュニティを目指して
2019-05-27
【千葉大学通信】11:「健都」に行ってきました!!
2019-05-20
【ウェルなスタイル】12:バッグの中身を軽くして身軽な毎日を過ごそう!  ~必要最小限の荷物で身軽になれる習慣~
2019-05-16
【ウェルなスタイル】11:頑張れない時は童心にかえろう! ~万華鏡・積み木・シャボン玉・折り紙の魅力~

カテゴリー

イベント 健康

㈱ジャパンヘルスケア岡部大地氏による『正しい歩き方』講演会を開催しました

イベント 健康

㈱ジャパンヘルスケア岡部大地氏による『正しい歩き方』講演会を開催しました

竹中工務店では昨年より、健築チームが中心となり、『皆さんが健康について関心を持ってもらいたい…!』という想いから、健康セミナーを開催しております。今回は第3回目ということで、竹中工務店の技術研究所にてセミナーを開催しました。

今回の講師は、ジャパンヘルスケアの岡部大地さんです岡部さんは足の専門医「足病医」であり、2017年にベンチャー企業を設立され、足や腰の痛みの予防に取組まれています。

 

ご講演では、高齢者の3人に1人は膝や腰に痛みを感じており、整形外科を受診しても治療に満足しない人がなんと半数ちかくいらっしゃるという現状をお聞きしました。
膝や腰の痛みは、体のゆがみから生じているため痛くなってから受診しても既に遅く、ゆがんだ骨格をもとに戻すことは難しいそうです。
人生100年時代、痛みのない人生を楽しむためには、日々の「歩き方」とその「姿勢」が大切!ということで、参加者一同正しい姿勢を実践してみました。

 

膝の間が付かない、片足で立つとフラフラするなど、姿勢の問題を確認した後、骨盤の向きと足の付け根の筋肉を確認しながら正しい歩き方にトライしてみましたが…
「う~~~~~ん・・・」「????」
と、正しい歩き方の難しさに、声にならない悩ましい声が会場中から聞こえました。自己流の歩き方をすぐに矯正するのは、なかなかハードルが高そうです。

 

正しい歩き方を意識するためには、日常的に自分の歩く姿を見ることが必要と考えられた岡部さんは、MirrorWalkという歩容を可視化する機器を開発されました。
MirrorWalk」の前を3~4歩歩くと、横からの歩行シルエットが可視化され、「姿勢」「腕振り」「足運び」が点数化されます。

 

講演会の前後でMirrorWalk体験会を実施し、歩き方がどう変わったか参加者に体験していただきました。
「姿勢がよくなった!」「90点もある!」「10点のままだ・・・」などなど喜びやショックの声が上がり、初めて歩く姿を客観視する体験に、会場中が盛り上がりました。

 

ご講演のなかの「環境で人は変わる」というお言葉が心に残りました。
自分の体を自分で気遣うことは大事ですが、実は人の行動は環境に大きく影響を受けているため、環境を整えることが大切なのだそうです。
歩く姿を日常的に目にすることのできる環境づくりで、膝や腰の痛みを抱える高齢者が少なくなる社会を一日も早く実現したい、と岡部さんの理念に強く共感しました。
今後「健築」の取組みのひとつとして、「正しい歩き方」エビデンスづくりを行ってまいりますので、またご報告させていただきます。

 

岡部様、大変貴重で興味深いご講演をいただきましてありがとうございました。

 

【M】

 

RELATION関連記事