新着記事

2019-05-20
【ウェルなスタイル】12:バッグの中身を軽くして身軽な毎日を過ごそう!  ~必要最小限の荷物で身軽になれる習慣~
2019-05-16
【ウェルなスタイル】11:頑張れない時は童心にかえろう! ~万華鏡・積み木・シャボン玉・折り紙の魅力~
2019-05-13
【千葉大学通信】10:「お花見」 ~世界に誇る日本の公共空間の使われ方~
2019-05-07
【ウェルなスタイル】10:踊る愉しみ! ~習い事が教えてくれる最高に贅沢でウェルな暮らし~
2019-04-26
【ウェルなスタイル】09:美術館でココロとカラダの栄養補給 ~休日を丸ごと楽しく~

カテゴリー

ウェルなスタイル ライフスタイル

【ウェルなスタイル】09:美術館でココロとカラダの栄養補給 ~休日を丸ごと楽しく~

ウェルなスタイル ライフスタイル

【ウェルなスタイル】09:美術館でココロとカラダの栄養補給 ~休日を丸ごと楽しく~

ここ数年、週末は美術館へ足を運ぶことが習慣になっています。
東京都内には美術館が沢山あり、さまざまなジャンルの作品を鑑賞することが出来ます。また、建物や庭、カフェやミュージアムショップが素敵なことも美術館の魅力です。
筆者の好みは、比較的規模が小さめで散歩が出来る庭がある美術館で、展示作品の鑑賞と四季の風景や香りを感じながらの散歩は必ずセットです。

 

お気に入りの美術館が2つあり、会員になっています。美術館の会員になるなんて敷居が高いと思っていましたが、割とリーズナブルなお値段で、年間フリーパスとミュージアムショップの割引特典等が付いていてとてもお得です。
どちらの美術館も普段の行動範囲に入っていないお洒落エリアにあるので、年に3~4回入れ替わる企画展の時は、美術館周辺でのシャンパン付きランチとウインドウショッピングを楽しみに、朝から出かけます。

 

自分が好きな作品展では、必ず図録を買って帰り、自宅でペラペラめくってリラックスしたり、じっくり解説を読んで理解を深めたり、出かけた一日を丸ごと楽しむことが出来ます。時間に余裕がある時は、いくつかの美術館を梯子するのもおススメです。結構よい運動になり、リフレッシュできます。事前に出かけるエリアにある美術館を調べる時は、旅行の計画を立てている時のようにワクワクします。
最近は、図録を入れている本棚が自分のアートライブラリーが出来たようで、ちょっとずつ育っていくことを楽しんでいます。

今年は、都内から少し足を延ばして郊外の美術館巡りを計画していますが、いつかは世界の美術館巡りをしたいなぁと思うと日々頑張れます。

 

【MT】

RELATION関連記事