新着記事

2019-11-11
【ウェルなスタイル】18:日本の香りに癒される ~さりげなく心地よい香のかおり~
2019-10-14
【ウェルなスタイル】17:五感で感じる神社やお寺めぐり ~御朱印集めだけではもったいない~
2019-10-07
【千葉大通信】12:あっちもこっちも歩きたい!歩きたくなる街、アムステルダム
2019-09-25
「かねさわ道」を歩く ~旧街道を楽しむ3~
2019-09-03
身体に効く地方の健康食品を探せ! ~徳島県吉野川市梅酒編~

カテゴリー

ウェルなスタイル ライフスタイル 健康

【ウェルなスタイル】16:野菜をたくさん食べるなら 〜お役立ちアイテムは「鍋」と「瓶」~

ウェルなスタイル ライフスタイル 健康

【ウェルなスタイル】16:野菜をたくさん食べるなら 〜お役立ちアイテムは「鍋」と「瓶」~

ダイエットのために栄養士さんの食事指導を受けてから、以前と比べて野菜をたくさん食べるようになりました。何しろ食事指導中は、毎食野菜を両手の平分の量摂るよう言われ、これが結構大変でした。炒め物やスープだけでは飽きてしまうので、いろいろ試してみて、忙しい時でも色とりどりの沢山の野菜を食べるためのお役立ちアイテムを発見しました。それは、「鍋」と「瓶」です。

 

お役立ちアイテム一つ目は、「タジン鍋」と「土鍋」です。タジン鍋とは、モロッコなどで使われている三角のとんがり帽子のような形の蓋が特徴の鍋です。食材の水分が加熱されて水蒸気となり、蓋の内部を循環して素材をヘルシーな蒸し焼きにしてくれます。食材の“栄養”も“うまみ”も逃すことがなく、量が少し多いかなと思っても蒸してしまえば結局ペロッとたいらげています。土鍋は誰でも知っていると思いますが、我が家では子どもの頃から寒くなると毎晩のように登場しています。和風の鍋にしてもよいし、洋風の味付けの鍋もつくればバリエーションが広がります。どちらの鍋も野菜はもちろん、肉や魚、豆腐などのタンパク質も一緒に入れて調理でき、栄養バランスのよい食事が短時間で簡単に作れます。タジン鍋も土鍋も、お一人様用の大きさのものがあるので、一人暮らしや家族と食事の時間が合わないヒトは持っておくと便利です。

 

お役立ちアイテム二つ目は、野菜を酢漬けにしてピクルスにするための瓶です。鍋料理だけでは飽きてしまうし、朝から鍋というのもなかなか難しい話です。野菜をたくさん買ったら、手持ちの瓶に詰められる分はピクルスにしてしまいます。レシピは、ネットや雑誌で沢山出ていますが、市販のミックススパイスを入れると簡単に美味しく仕上がると思います。お酢の効果は、「自家製フルーツビネガーのススメ」でご紹介した通りです。瓶は容易に手に入ります。煮沸殺菌もしくはアルコールなどでしっかり消毒してから使う事が重要です。

 

野菜には、ビタミン、カリウム、食物繊維など、ヒトのカラダをつかさどる栄養素がたっぷり詰まっていて、血管、粘膜、皮膚、骨などを正常に保ち、他の栄養素の働きをサポートしてくれる役割があります。また、カラフルな野菜が並べば食卓が明るくなり、楽しく食事がいただけます。野菜をたくさん食べるなら、「鍋」と「瓶」を是非使ってみてください。

 

【MT】

RELATION関連記事