新着記事

2019-12-12
【研究者のひとこと】13:第78回日本公衆衛生学会総会に参加してきました
2019-12-09
【幸運なんです。雲南です。】特別対談:「地域コミュニティを健康に!」
2019-12-02
【幸運なんです。雲南です。】03:しじみ汁がパワーの源です!
2019-11-11
【ウェルなスタイル】18:日本の香りに癒される ~さりげなく心地よい香のかおり~
2019-10-14
【ウェルなスタイル】17:五感で感じる神社やお寺めぐり ~御朱印集めだけではもったいない~

カテゴリー

【幸運なんです。雲南です。】 まち ライフスタイル

【幸運なんです。雲南です。】03:しじみ汁がパワーの源です!

【幸運なんです。雲南です。】 まち ライフスタイル

【幸運なんです。雲南です。】03:しじみ汁がパワーの源です!

島根県雲南市へは、出雲空港から自動車で20分程度(空港―市役所間)で行くことができます。羽田空港と出雲空港の間も、1日5往復が運航されているので、皆さんが思っているよりもずっとアクセスが良いです。

そんな雲南市ですのでもちろん日帰り出張も可能ですが、出張する際には市役所の方々との打合せだけでなく、雲南市で活動されているローカルベンチャー企業の皆さんや地域自主組織の役員の方々、地域住民の皆さんなど、できるだけ多くのステークホルダーとの対話がおこなえるように、泊りがけの出張とすることが多いです。

 

そんな私たちの活動を支えてくれているのが、雲南市木次町にある「天野館」さんという旅館です。
天野館さんは、創業1891年(明治24年)の老舗旅館で、日本さくら名所100選の「斐伊川堤防桜並木」沿いにあります。そんな絶好のロケーションですので、桜の季節には格別な体験を味わうことができます(私自身はまだ未体験ですが)。

また、この天野館さんは、1974年に映画「砂の器」の撮影拠点として利用され、監督、俳優、スタッフの皆さんが1ヶ月に渡って滞在された旅館だそうです。

個人的には、天野館さんでいただく朝食が大好きです。とくに、島根県特産のしじみがふんだんに入った「しじみ汁」は、深い味わいが堪能できる一品です。

 

私たちのチャレンジはまだまだ始まったばかりですが、天野館さんの「しじみ汁」パワーに支えられながら、雲南市の皆さんと一緒につくりあげていきたいと思います。

では、また。

 


【石川敦雄】

RELATION関連記事